HTTPのレスポンス速度を計測するのに、普通にabとかgoのVegetaを使えばいいっちゃいいんですが、
リアルタイムでソース修正して、手軽に改善結果が出たかどうかを見るのに、curlを使う話です。

-w オプションで出力フォーマットが選べて、その中にレスポンス速度がある模様。

curl -w "%{time_total}\n"

なのでずっと打ち続けるならこんな感じ?

$ while :; do curl -o /dev/null -s -w "%{http_code}\t%{time_total}\n" https://google.com; sleep 1; done

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *