平和の象徴とはなにか。
ハトだ。

ハト目ハト科の鳥の総称。スズメ大から鶏大のものまで大きさはさまざまで、色彩もさまざま。比較的頭が小さく、翼が発達してよく飛ぶ。くちばしを水につけたまま飲むことができ、主に果実・種子を食べる。ひなは、親鳥が吐き出すピジョンミルクとよばれる嗉嚢(そのう)の分泌物を食べて育つ。日本にはキジバト・アオバトなどがすむが、家禽(かきん)のドバトをいうことが多い。オリーブの枝とともに平和の象徴とされる。

「デジタル大辞泉」より

ハトが暮らしている。平和だ。

つがいのハトがイチャイチャしている 。平和だ。

ハトがベランダで喉を鳴らしている。平和だ。

ベランダに残されたものはフンである。平和だ。

“Rest in piece of shit.”

(無職の言葉)

そんなわけで、毎日平日の昼間からベランダで奇声をあげている男がいても
さりとておかしくない。

平和なのだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *