Install numpy and pandas on alpine:python3

tl;dr Install build tool and create symbolic link for locale. $ apk add –update curl gcc g++ $ ln -s /usr/include/locale.h /usr/include/xlocale.h $ pip install numpy # => success happy python life 🙂 error messages Before install g++, I got error below, /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find Scrt1.o: No such file or directory /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find crti.o: No such file or directory /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find -lssp_nonshared /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find -lc /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find crtn.o: No such file or directory collect2: error: ld returned 1 exit status /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find Scrt1.o: No such file or directory /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find crti.o: No such file or directory /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find -lssp_nonshared /usr/lib/gcc/x86_64-alpine-linux-musl/5.3.0/../../../../x86_64-alpine-linux-musl/bin/ld: cannot find -lc…

Read More

にっき

久しぶりに新宿に行き、麺屋翔でつけ麺を食べた。 外に二人くらい並んでて、待ってたらその後も2,3組くらい並び始めた。 3,4年ぶりくらいに食べた気がする。中盛頼んだら普通に大盛りだったのでかなり残してしまった。 その後、ふと東郷青児美術館によったらカリエール展がやってたので、そのまま入ってしまった。 よく知らないけど凄いらしい。 大抵の絵は色味が圧倒的に少ないので、たまに白い肌を書いていたり、赤いオブジェクトがあったりすると印象的になるな、と感じた。 風景画とインク壺前の子どもが個人的には良いと思った。 来月の「風景との対話」も面白そう。(入場600円で安いし)

Read More

Rメモ・仮説検定

パラメトリック検定 データの分布に制限有り t検定(t.test) 分母が同じ場合にしか使えない 外れ値に弱い ノンパラメトリック検定 データの分布によらず使える仮説検定 カイ二乗検定(chisq.test) データが1桁しかない場合は使えない フィッシャーの正確確率検定(fisher.test) データが1桁でも使える 順位和検定(wilcox.test) サンプルサイズが大きくないと使えない

Read More

curlでレスポンス速度を計測する

HTTPのレスポンス速度を計測するのに、普通にabとかgoのVegetaを使えばいいっちゃいいんですが、 リアルタイムでソース修正して、手軽に改善結果が出たかどうかを見るのに、curlを使う話です。 -w オプションで出力フォーマットが選べて、その中にレスポンス速度がある模様。 curl -w “%{time_total}\n” なのでずっと打ち続けるならこんな感じ? $ while :; do curl -o /dev/null -s -w “%{http_code}\t%{time_total}\n” https://google.com; sleep 1; done

Read More