R Programing – Week1

ずっとやらずに放置してきたR言語だったけど、 ようやく先週からcourseraのR Programmingという授業を始めてみた。 コースのWeek1のメモ。 Rの型 基本の型 文字列 character 実数 number 整数 integer 複素数 complex 真偽値 logical (= boolean) ベクトル値(≒ 同型の配列): vector() 実数(number) 末尾にLをつけると 整数(integer)になる x <- 1 x <- 1L 無限を表すInf 未定義値のNaN 属性 attribute() 関数 names, dimnames dimensions class / length / other ベクトル値 同じ型の配列 c() 関数で値から作成可能(concatenate) > x <- c(“a”, “b”, “c”) > x [1] “a” “b” “c” vector() 関数で定義作成可能 > x <- vector(“numeric”, length = 10) > x [1] 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 違う型のものを混ぜると優先度に従って自動で型の統一が起こる 文字列 > 数値 > 真偽値 as.xxx() によって型キャストが可能。破綻するものはNAとして表される > as.numeric(x) > as.logical(x) > as.character(x) リスト 異なる型を格納可能な特別なベクトル マトリックス(行列) matrix() 関数で定義可能 > m <- matrix(nrow = 2, ncol = 3) dim()…

Read More