PILのインストール for CentOS6.4 (64bit) + virtualenv

decoder jpeg not available ↑画像を投稿しようと思ったら、こいつが邪魔しよる PILのインストール PIL(Python Image Library)という便利なやつを入れないとダメなので、ブチ混む 経口避妊薬は高いけどこのPILは無料です 下記を参考にすると、 Installing PIL on 64-bit CentOS 5.8 (1) libjpegのインストール (2) pip経由でPILのインストール (2a) 直接インストールせずにPILのダウンロード (2b) 設定ファイルに64bitのライブラリのパスを追加しておく (2c) 変更した設定ファイルを使ってPILのインストール (3) アプリの再起動 といった流れで実行するようだ。 virtualenv環境での実行例 #== /path/to/project/ 以下にvirtualenv環境(とアプリ)が配置されている想定 ==# $ sudo yum install libjpeg-turbo-devel # (1) $ /path/to/project/bin/pip uninstall PIL # 事前にインストールしちゃった場合はアンインストール $ /path/to/project/bin/pip install PIL –no-install # (2a) $ vim /path/to/project/build/PIL/setup.py # (2b) $ diff /path/to/project/build/PIL/setup.py # <== 編集前とのdiff 214d213 < add_directory(library_dirs, “/usr/lib64”) $ /path/to/project/bin/pip install PIL –no-download # (2c) $ sudo initctl reload uwsgi # (3) ※使用しているアプリサーバーに合わせて実行 これでMezzanineで画像が投稿できるようになった..かな?

Read More